自動車の全塗装(オールペイント)は施工実績700台以上のジャンクにおまかせください。ご予算・ご希望に合わせたプランを提案いたします

焼付けとウレタンの違いについて

よく当社へのご質問の中に焼付け塗装ですか?という質問がありますが、現在補修塗装の分野で焼付け塗装をしているところはほとんど無いのが現状です。

というのは焼付け塗装というのはその名のとおり塗装をしてから高温(120~150℃)で塗料を反応させるために車に組み付けた状態で熱を入れてしまうと配線の被覆とか樹脂部品が溶けてしまうのです。

では何故以前は補修でも焼付けを使用したのでしょうか。それは現在主流となっているウレタン塗料が普及していなかったために例えばラッカーと焼付けを比較すると塗膜性能に大きな差が出てしまったのです。なので品質を追求するとどうしても焼付けを使用せざるを得なかったというのが理由のようです。

では焼付けとウレタン、ラッカーの違いはなんなのでしょう?

まずラッカー。これは他の二種類とは全く異なり塗膜が乾燥するときに科学反応はおこらずただ単に樹脂の中にある溶剤が蒸発するだけです。したがって乾燥した後でもシンナーで溶解してしまうわけです。
下の図のように塗装直後は樹脂、顔料、溶剤が混ざり合っています。乾燥するにつれて溶剤だけが抜けて硬化します。しかし分子レベルでの結合は無いために溶剤で溶けてしまうわけです。

カー洋品店などで売っている補修用のカンスプレーはほとんどがこのタイプですね。ですから当社で塗装をする際に、ラッカーが先に塗ってあると上に塗る塗料の溶剤分で塗膜が侵されて、ちぢみ等が発生する可能性が高くなります。これをどう防ぐかというと、サフェーサーという下地用の塗装を塗って隠してしまうか、気長にシンナー等で落としてしまうという工程が必要になります。これが結構面倒ですが、なかなか下地の手間というのは価格に反映しづらい部分で頭を悩ませるところです。

ラッカーの話が長くなってしまいましたが次は焼付けとウレタンについてです

両者ともに反応型の塗料ですが焼付けは熱重合型、ウレタンはニ液重合型といいともに化学反応により架橋され三次元の網目構造を形成します。このときの網目構造が緻密なほど塗膜の性のはよくなります。両者の特徴は

熱重合型 いわゆる焼付け塗装ですね。高温に加熱する事により約20分ほどでほぼ完全な塗膜が形成され架橋密度も高い。熱を掛けなければ硬化する事は無い。
下図ではまず溶剤と樹脂が混ざり合った状態から溶剤分が抜けます。そして熱を掛けることに寄って分子が結合して網目構造を作ります。

ニ液重合型 ウレタンがこれです。硬化剤に含まれるイソシアネートが主剤と反応してウレタン結合という網目構造を形成する事からウレタン塗料と呼ばれています。常温でも反応するが時間が掛かるために加熱して反応を促進させます。加熱するというところから焼付け塗装と混同されている方もみえるようです。熱重合の140℃×20分に比べ60~70℃×50分ぐらいとなります。
下図は左から、塗装直後、樹脂、硬化剤、溶剤が混ざり合っています。次に溶剤分が抜けていきます。その後に硬化剤と樹脂が反応して網目構造を作り出します。

ウレタン塗料についてもう少し補足すると硬化剤の比率によって作業性や塗膜性能が変わってきます。よくあるのが主剤:硬化剤が10:1、3:1、2:1の三種類です。基本的には硬化剤の量が多いほうが架橋密度は高いのですが、必ずしも硬化剤の多少だけで判断は出来ないので以下の事は傾向として理解してください。

10:1というのは俗に言う速乾ウレタン、小さな範囲の補修や、熱乾燥設備が整っていない場合によく使われます。かなり性能も上がってきてコストが安い事もありちょっと前まではウレタンの中でも主流を占めているのではないでしょうか。熱を掛けなくてもある程度の硬化が期待できるよう設計されている場合が多く、作業性は良いとされていますが架橋密度は他の反応型の塗料に比べると低く塗膜性能は劣ります。とはいえ工程、配合さえ間違えなえれば十分といえるでしょう。

3:1と2:1についてはそれだけではあまり性格付けがしづらく、メーカーの考え方等でラインナップされているように感じています。ともに10:1に比べると一定までの乾燥は遅いのですが締まりきり(ほぼ完全な塗膜になる事)は加熱設備さえあればこちらの方が早く、塗膜性能も最近は焼付けに匹敵するといわれています。

上記のように最近では焼付け塗装に手間を掛けるほどのメリットがなくなってしまったためにほとんど補修塗装の世界では姿を消してしまったようです。


ジャンク営業カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30  
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.