自動車の全塗装(オールペイント)は施工実績700台以上のジャンクにおまかせください。ご予算・ご希望に合わせたプランを提案いたします

磨きのお話

磨きについては問い合わせの際にもよく質問を受けますが、多少日ごろのお手入れにも関係してくるかもしれませんので、そういう意味でも皆さん興味があるかもしれません。

まずは補修塗装における磨きの必要性について。メーカーで作られる新車は通常磨きの作業は行いません。ではなぜ補修塗装の場合は磨きがつき物なのでしょうか。

ひとつは塗装中に乗るほこりなどが頭を出している”ぶつ”と呼ばれるもの、これはメーカーの場合も全く乗らないわけではありませんが、ほとんど乗っていません。私はディーラー時代、一時期新車の手直しをする部門にいましたが、チェックでブツの指摘のあるものもありましたが一台の中でかなり厳しい目で見ても多くて、2から3個程度、しかもほんとに小さなものでした。
01 しかし、補修塗装の場合はそうはいきません、当社の場合はプッシュプルタイプのブースを使用して、毎週水洗い、月に一度は壁面にコーティングをしてほこりを吸着するようにしているのですが、やはりメーカーのようにはいかないのです。
これを取り除くためには磨きをかけます。

 

次は、塗り肌について。よく塗装屋さんは肌がいいとか悪いとか言いますが、肌とは塗面の凹凸のことです。塗装してある表面を見ると細かいみかんの表面のような凹凸があります。これは新車でもあるのですが、凸凹が大きいとゆず肌といってよろしくない肌となるわけです。

メーカーの場合静電塗装で、塗料も焼付け塗装、またスプレーガンではなく、トヨタなどでは20,000RPMという高速で回るドラムの中から微粒化した塗料が出てくるという特殊な塗り方をしています。

02

新車の肌が左の図のようだったとすると

ゆず肌というのはこのように凹凸が全体的に大きなものを言います
要因としては、塗料の粘度が高い、シンナーが蒸発が早い、塗りこみすぎ、塗布時の霧化が悪い等が考えられます

鏡面肌というと図のように凹凸の山が非常に低くなりますが、一番きれいに見えるのは多少肌の残った状態といわれています。
ウレタンでは基本的に磨かないとここまではいきませんが古いアメ車などに使われていた塗料はこのような肌が出せるものもあったようです

磨き前提の場合には左図のように意図的に細かい肌で塗装をして鏡面にしたり、新車の肌に近づけたりすることもあります。
磨き前提の場合シンナーを多めにしたりするので艶がなくなってしまうことがあります。

 

先日,全塗装を磨き無しで仕上た車をみて、この状態でさらに数万円のエクストラコストを払って磨いて欲しいか?と聞いたときに多くの人が、このままで十分という回答でした。そのときは
淡い色だった
ブツが少なかった
肌も割りと良かった

という条件があったので、割合は多少評価の良いほうへ振っていると思いますが、お客様の中には悪いところを指摘しても、えっ?どこ?といわれることもあるぐらいです。磨きをやるか迷っている方の判断の参考にしてください。そんなことも頭に入れていおいていただきながら、別ページで当社の磨き作業の説明をいたしますので、こちらも是非お読みください。

お問い合せはLINEが便利です

友だち追加

ジャンク営業カレンダー

Loading...
<< Previous | Next >>
  1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31  
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.