全塗装センターを名乗ってから何年経ったのだろうか、、、

元は普通にちょっと変わった板金屋(笑)だったのに今ではお客さんに”ジャンクさんて、板金も出来るんですか?”と聞かれてしまうようになりました(汗)

まあ設備がないので大事故は出来ませんが、これくらいは出来ますよ、と言うお話。

ちなみに保険での修理ももちろん可能で、保険屋さんとの交渉も対応しています。ただ保険修理でも融通は利かせますがインチキはしませんので、保険屋さんにばれたら困るような事はしません。悪しからずご了承ください。

06

着手前の写真が撮ってないので、いきなりこんな図です。この写真からもクォーターが大きくつぶれているのが解ると思います。お客様のご用命は、修理したことがわからなくしてほしい。まあ普通に修理すればそうなると思うのですが、以前別の車でディーラーに修理を依頼したら、修理した事がばればれのとても納得のいかない仕上がりだったらしく、ネットで調べてジャンクにたどり着いたようです。

それでも、やはり不安なようで何度も”わからなくなりますよね??”を連発していました。

過度な期待をさせてもいけませんので、素人が見れば解りませんがプロが見れば解ってしまう事はご了承いただきました。

10

まずは、古いパネルを剥がします。写真にある黒いパネルは新品です。事故の程度によっては今見えている内側のパネルも交換しますが板金で直せるものは直したほうが車にとっては優しい修理となります。保険修理の場合は、そのあたりの妥当性を保険屋さんと相談しながら作業を進めます。

05

仮合わせをして、いろんなところのつじつまを合わせます。

02

溶接をして完全に取り付けます。

11

新品パネルには必ずサフェーサーを塗ります。プロの板金やさんでも新品パネルの黒い塗装を下地塗装がしてあると言ってそのまま塗るところもあるようですが、これはエポキシプライマーと言って密着を良くする為だけの塗装ですので紫外線に弱いため必ずサフェーサーを塗る必要があります。

ここまでくれば後は塗装です。

08 09

いい艶ですね~♪これはお客様たってのご要望で純正に採用されているスクラッチシールドと言うクリヤを使いました。これが結構厄介なクリアでディーラー系列の工場でも実は使ってないところもあるらしいです。

とにかく磨きがしにくいのと、金額がべらぼうに高い!非常に高いのではありません、べらぼうに高いのです!

でもジャンクでは磨きにケイテックという最強のシステムを導入しているので大丈夫です。

とは言え、実際磨いた事がなかったのでちょっと心配でしたが、案ずるより生むが易し。何とか綺麗に磨けました。

07

記事にするつもりがなかったので写真が少ないです。

納車後、お客さんがステップのチリがちょっと気になる、それさえ直れば完璧なんですけど。と仰って頂き、チリはジャンクとしては許容範囲でしたが、そこまで仰って頂ければ何とかしましょう。

多少イレギュラーではありましたがチリも調整し、お客様にも満足して頂きめでたしめでたし♪